未分類

社判の種類

社判を初めて購入する場合には、まずどのような種類があるのかを知っておく必要があります。そしてどのような種類を揃えなければいけないのかも知っておきましょう。必要な社判が全て揃っている通販サイトを見つけることで、複数の通販サイトを使うという面倒なことをしないで済むのです。まずは実印と銀行印、認印ですが、これは誰でも知っているでしょう。

ただし、経営者の個人用として使うのではなく、会社専用として使用するようになります。認印は安い物で問題ありませんが、実印や銀行印はきちんとした物を作るべきでしょう。他にも角印が必要になるので、このような点も覚えておく必要があります。問題なのは会社名や住所、電話番号などが記載されている印鑑を作っておくことです。1つにまとめて作ることもできるのですが、分けて作ることもできます。

小切手用や契約用などに分けて使っている会社もあります。このように社判というのは多くの種類が存在しているので、どのようなときにどの印鑑を使うのかを知っておくと共に、これらの印鑑が全て販売されている通販サイトを探しておくことも重要です。印鑑を取り扱っている通販サイトは多いので、種類の豊富さというのも購入先を選ぶための判断基準となります。