未分類

会社で使う印鑑

印鑑にはいろいろな種類が存在しているのですが、その中には社判と呼ばれている種類もあります。社判というのは、簡単に言えば会社で使用する印鑑のことです。よって事務で働いている人や会社の経営者、取締役などの責任者が使用することがあります。そんな社判にもいくつか種類が存在しているのですが、会社を経営するのであれば必ず必要になるため、あらかじめ購入しておかないといけません。個人であれば普通の印鑑でも問題ないでしょう。

しかし、法人として経営するのであれば、社判がなければ話になりません。では、社判を購入する場合、どこで購入するようになるのでしょうか。一般的には印鑑を多数取り扱っている専門店などが多いでしょうが、近年ではインターネットで購入する人が多くなっているため、通販サイトを利用して購入する人も多くなっています。通販サイトにも印鑑を専門に取り扱っている専門店が存在しているので、このような業者を利用して購入するのもよいでしょう。

基本的に社判として用いられている種類は、実印と銀行印、角印と認め印の4種類です。さらに会社の住所や電話番号、社名などが記載されているスタンプ印も購入しておくと便利になります。通常は住所や代表者名、社名や電話番号などは分けて作成されることが多いのですが、通販サイトであってもこのような作成方法は可能です。当サイトでは印鑑の中でも社判について紹介させていただいています。通販サイトを利用するときの注意点なども記載されています。