未分類

値段も重要な判断基準

社判を購入する場合には、近年通販サイトを利用することが多い傾向にあります。しかし、印鑑を取り扱っている通販サイトはたくさん存在しているので、どこを選ぶのか迷ってしまうことも多いでしょう。そこでいろいろな通販サイトを比較しておいてから、どこにするのかを決める方法がおすすめです。問題なのは、どのような点を比較するのかということですが、最も重要なのは信頼できることです。

きちんと物は届くのか、高品質な印鑑を作れるのか、こちらの質問にも答えてくれるのかなどが大切ですが、他にも値段を比較しておく必要があります。値段だけで選んではいけませんが、値段も重要な判断基準なのです。特に開業当初はお金がない場合が多いので、少しでも安い社判を購入したいと希望する人も多いでしょう。そこで少しでも安くて品質のよい印鑑を取り扱っている通販サイトを探す必要があります

そのためには、いろいろな種類の印鑑を取り扱っている通販サイトを選ばなければいけませんが、1つの業者ずつ比較をしていくのは面倒でしょう。そこでたくさんの通販サイトが参入している大手のネットショップを利用します。そうすれば簡単に料金の比較をすることができるので、最も安い店を選ぶことも簡単に行えるでしょう。

推奨サイト > いいはんこやどっとこむ®:印鑑通販ショップ


未分類

社判の種類

社判を初めて購入する場合には、まずどのような種類があるのかを知っておく必要があります。そしてどのような種類を揃えなければいけないのかも知っておきましょう。必要な社判が全て揃っている通販サイトを見つけることで、複数の通販サイトを使うという面倒なことをしないで済むのです。まずは実印と銀行印、認印ですが、これは誰でも知っているでしょう。

ただし、経営者の個人用として使うのではなく、会社専用として使用するようになります。認印は安い物で問題ありませんが、実印や銀行印はきちんとした物を作るべきでしょう。他にも角印が必要になるので、このような点も覚えておく必要があります。問題なのは会社名や住所、電話番号などが記載されている印鑑を作っておくことです。1つにまとめて作ることもできるのですが、分けて作ることもできます。

小切手用や契約用などに分けて使っている会社もあります。このように社判というのは多くの種類が存在しているので、どのようなときにどの印鑑を使うのかを知っておくと共に、これらの印鑑が全て販売されている通販サイトを探しておくことも重要です。印鑑を取り扱っている通販サイトは多いので、種類の豊富さというのも購入先を選ぶための判断基準となります。


未分類

会社で使う印鑑

印鑑にはいろいろな種類が存在しているのですが、その中には社判と呼ばれている種類もあります。社判というのは、簡単に言えば会社で使用する印鑑のことです。よって事務で働いている人や会社の経営者、取締役などの責任者が使用することがあります。そんな社判にもいくつか種類が存在しているのですが、会社を経営するのであれば必ず必要になるため、あらかじめ購入しておかないといけません。個人であれば普通の印鑑でも問題ないでしょう。

しかし、法人として経営するのであれば、社判がなければ話になりません。では、社判を購入する場合、どこで購入するようになるのでしょうか。一般的には印鑑を多数取り扱っている専門店などが多いでしょうが、近年ではインターネットで購入する人が多くなっているため、通販サイトを利用して購入する人も多くなっています。通販サイトにも印鑑を専門に取り扱っている専門店が存在しているので、このような業者を利用して購入するのもよいでしょう。

基本的に社判として用いられている種類は、実印と銀行印、角印と認め印の4種類です。さらに会社の住所や電話番号、社名などが記載されているスタンプ印も購入しておくと便利になります。通常は住所や代表者名、社名や電話番号などは分けて作成されることが多いのですが、通販サイトであってもこのような作成方法は可能です。当サイトでは印鑑の中でも社判について紹介させていただいています。通販サイトを利用するときの注意点なども記載されています。